2005/03/04

ジンプラニック 企画、発想の転換

ジンプラニック 企画、発想の転換

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/22

地球温暖化 生命の滅亡?!

人気blogランキング

●地球温暖化とは?
地球は温室効果ガスを含む大気に囲まれているので、この温室効果ガスが不足すれば地球は寒くなり、多くなれば暑くなることになる。温暖化とはこの後者にあたるわけで、気候が高温化し、森は砂漠化、北極などの氷はとけて海面が上昇し島や都市が海に沈むことにる。野菜等も今まで通り育たなくなり、生き物や植物が絶滅し、勿論人間も危ない状況となる。2100年までに更に地球の気温が2〜5度上がり、海面は1m程も上がると専門家は予想している。アメリカの映画で超大な津波が街を襲い、一飲みされるシーンがあるが、現実になる大変な事態なのだ。
氷河崩壊の写真はこちらをご欄下さい。

●温暖化の原因は?
温室効果ガスには次のようなガスが含まれているという。
・二酸化炭素(CO2)
・メタン(CH4)
・一酸化窒素(N2O)
・ハイドロフルオロカーボン(HFC)
・パーフルオロカーボン(PFC)
・六フッ化硫黄(SF6) 等々
この中で温室効果ガスの約9割を占める二酸化炭素を減らすことが大事だが、これを地球規模で見ると減る傾向にない。人口、自動車、生産工場が増える中で、電気・ガス・水道・プロパンガス・ガソリン・灯油などの消費量も上がり、これに伴って二酸化炭素も上昇する。温室効果ガスが減るひまがないのだ。 

●京都議定書とは?
2005年2月16日、地球温暖化抑制のための京都議定書が発効した。
世界は1997年、温室効果ガスの排出量を2008年〜2012年に、1990年の水準から先進国全体で5%削減することを決めた。これを日本の京都でやったので「京都議定書」とネーミングしたのである。
世界全体の二酸化炭素の発生量は250億トン程とか。国ごとの削減目標を決め、日本6%、ヨーロッパEU8%などと決めたが、最も多いアメリカは参加していない。これは大いに問題がある。しかも中国やインドなどの発展途上国は大量発生国にかかわらず削減義務がないとの事。
日本は6%削減を定められたが、議定書の合意以降に8%増加しているので、合計14%を減らさなくてはならない。これは国上げてみんなでやらないと達成できない量とのこと。大変だ!

●日本はどうすべきか?
※国民一人ひとりの行動パターンを省エネ型に切り換える="ケチる"ことが大切。
積もれば山となることを肝に銘じて欲しい。
・電気、ガス、ガソリン等のムダの排除。家計の節約になる一石二鳥のすすめ。
※産業界の温暖化対策への取組みが大切。
・日常の無駄な電気やエネルギーの消費を抑える運動の展開。
・二酸化炭素を減らす自動車などの開発、
・ガソリンよりもクリーンなエネルギーの開発、
・バイオ製品の開発、
・省電力の電気製品の開発、
・火力発電より太陽や風力発電などへのクリーンエネルギー推進/転換、

●あなたの家の二酸化炭素の排出量は?
自分の家庭での二酸化炭素の排出量の削減目標を作ろう。
家庭から出る二酸化炭素の量は全体の2割に上るという。
・クーラーの設定温度を下げ、こまめに切る
・ストーブは温度を下げ、時間を切ろう
・テレビのつけっぱなしをなくす
・水道は流しっぱなしにしない
・使わないコンセントは抜く
・電気はこまめに切る
・シャワーの使用時間を短くする
・車をむやみに使わない。近場は運動がてら歩こう、 等々
努力することはたくさんある。一家で頑張る目標を作ると、子供への教育にもなる。
あなたの"毎日の心がけ"にかかっている。

☆二酸化炭素の消費量調査票
種類         使用量       係数     二酸化炭素排出量
電気       ○○○kWh   ×  0.36   =   ×××kg
水道       ○○○m3    ×  0.58   =   ×××kg 
都市ガス     ○○○m3    ×  2.1    =   ×××kg
プロパンガス   ○○○m3    ×  6.3    =   ×××kg 
ガソリン     ○○○リットル  ×  2.3    =   ×××kg
灯油       ○○○リットル  ×  2.5    =   ×××kg
  合計                        ××××kg

上記のものは毎月の検針により請求されている。検針票に書かれている使用量を○○○に入れると、×××の答えが出る。全部計算すれば合計が出るので、あなたの排出量が××××kgと分かる。
これをもとに10%とか、15%とかの目標を作り、全員で努力することは楽しいのではないだろうか。
どうぞ、一度やって見る価値があると思う。現在我が家ではどんな結果になるのか進行中!
これの詳細はこちらをご覧ください。

●面白いホームページのご案内
森と環境についての研究が大学で行われています。
ちょっと覗いてみませんか!こちらからどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/16

あがり それは恐怖

●なぜあがるのか?
日本人はアメリカ人に比べて、あがりやすい体質(遺伝子を多く持っている)を持っているようである。
あがりは、刺激に対する反応の結果起こるので、刺激がなければあがることはない。緊張感が大きくなりすぎて、普段できていたことが何一つできなくなってしまう。
「しくじったらどうしよう」という失敗への恐怖や自尊心の傷つき感がそうさせるのである。
このあがりには段階がある。
・最初、ストレスとなる刺激を受けると、体が受け身の反応を示すようになる。
・次に、刺激にたいして抵抗するようになる。この段階は過剰な緊張ではない。
・最後に、体が刺激への反応を失った状態=恐怖状態の"あがった状態"になる。

●あがりの症状
・ 人間が恐怖の状態に陥ると、神経の情報伝達が 麻痺状態に陥ってしまい、「足がすくんで動かない」状態や極度の緊張で「ふるえ」が起こる。
・脳神経での情報伝達が止まると、何も思い出せない「頭の中が真っ白」になり、動悸や口の中がからからに乾いてしまう。

●あがり予防策 
度胸のある人ほど「失敗しても当たり前」的な楽観的思考でいるようだ。実はその楽観的思考こそがあがらないための一番の薬なのだが・・・・!?
予防策のいろいろ
・誰もがあがるのだと自覚し、自分だけではないと思う。力みや気負(あがりの一種)はないこと。
・本番に備えてたくさん 練習をする。一種の開き直りとゆとりが必要。
・自分におまじなえを掛ける、観客をじゃがいもと思う、大勢の人がいないと思う、観客席に視線を向けないようにするとか・・・・
・ジンクスやお守り、縁起物に頼ることで、刺激をあがりに結び付けないようにする。げんをかつぐ。
・本番の場数を踏むことで、刺激に対する耐性=自信を高める。 
・当日のスケジュールをわざと詰め込んでおいて緊張を感じる暇をなくす。
・深呼吸をしたり軽く体を動かし、緊張で硬くなった筋肉に刺激を与えて、昂ぶりを緩和する。
・あがりそうな時に酔い止めを飲む。
・「その震えがおまえの力になるんだ」と第三者がさりげなく伝える。

●あがりへの対策
あがりの程度を自覚し、それに応じた策を行う。
レベル1 心拍数があがり、心臓がドキドキする。あせらず、すこしづつ緊張の減少を待つ。
レベル2 足が震えても、あわてず、気を落ちつかせるように構える。
レベル3 呼ばれても気づかない位になった時は、深呼吸等して気を取り戻すようにする。必要以上のリラックス努力はしない。(何とかしなければ思えば思うほどダメになる)

成せば生る。努力は最大の力。人前に出る恐怖は克服できると専門家は力説している。

引用参照 詳細は下記のホームページへ
・http://www.d7.dion.ne.jp/~hal9000/agari.htm
・ttp://www.usiwakamaru.or.jp/~doraemon/school/agari/agari.htm
・http://page.freett.com/nicyan/psycho/agari2.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2950706


| | コメント (0) | トラックバック (0)